スピリチュアル

光の仕事を担うライトワーカーとは?

この世の中には光の仕事を担っている「ライトワーカー」と呼ばれる人たちが存在しています。ライトワーカーにはそれぞれに使命や役割があります。

これから「ライトワーカー」について、存在意味だけでなく、使命や恋愛観にも焦点を当ててご紹介して参ります。

ライトワーカーとは

ライトワーカーとは、どういう存在なのでしょうか。また、どういう人たちを『ライトワーカー』と呼ぶのでしょうか。

ここではライトワーカーについて、見た目や氏名、職業に焦点を当ててご紹介して参ります。

1.ライトワーカーとは『光の仕事』を担っている人たち

ライトワーカーとは、「光の仕事」をする為に地球上にやってきている人たちのことです。「光の仕事」とは、一言で言うと『奉仕』になります。「奉仕」と聞くと、ボランティアや人を助ける仕事を思い浮かべられる方が多いでしょう。ですが、「光の仕事」は、もっと多岐に渡ります。

光の仕事を担っている人たちは、多かれ少なかれ目立ちます。自分が光の存在として活動している為です。光の存在として活動することで、同じ仲間を集い、地球の暗い部分を明るく照らし出すという役目も担っているからです。

2.ライトワーカーは見た目が明るい

ライトワーカーと呼ばれる人たちは見た目が大変明るい、という特徴があります。その表情は大変明るく、どんな時でも笑顔を絶やさない、という共通点があります。また、行動自体も堂々としていて、人生そのものを楽しんでいる印象を、周囲の人たちに与えます。

これはライトワーカーが、周囲の人たちを導く役割も担っているからです。自分自身が灯台の光となり、ライトワーカーとして目覚めていない人たちを導き、目覚める為の機会を与える、という役目も担っています。

3.ライトワーカーのトップは大天使ミカエル

ライトワーカーのトップに立つのは大天使ミカエルです。大天使ミカエルの役割の中には、地球の暗い部分を明るく照らし出し、そこに存在する人たちを導く、という役目があります。ですが、その役目は大変広範囲に渡り、大天使ミカエルだけでは手が足りません。

そこで大天使ミカエルの右腕となって動いているのが、ライトワーカーです。ライトワーカーは大天使ミカエルと共に、暗闇を照らし出し、そこに存在する人たちにも同時に光を当て、より明るい場所へ導く、という役目を担っています。

ライトワーカーとしての使命

ライトワーカーとしての使命は、数多く存在します。また、その使命を果たす為の職業もあります。ライトワーカーとして活動することを思い出している人たちは、その職業に従事しています。

ここでは、ライトワーカーとしての使命と職業について、ご紹介して参ります。

1.ライトワーカーとしての使命は自分を輝かせること

ライトワーカーとしての使命の一つは、自分自身を輝かせることにあります。自分自身が光の存在となることで、周囲を明るく照らし出すことができるようになります。

光の存在となったライトワーカーは、あちこちに存在する暗闇に光を当てます。光を当てることで、そこに存在する悪いエネルギーや悪い感情を浄化し、自ら光を発する場所へと変えていくのです。

2.ライトワーカーとしての使命は多くの人を導くこと

ライトワーカーとしての使命のもう一つは、多くの人たちを導くことです。自身を内面から光り輝かせ、灯台の灯となります。その灯台の灯は大変明るく、多くの人たちの目に届くでしょう。

光を目にした人たちは、吸い寄せられるように灯台の化身であるライトワーカーのもとへ集まります。ライトワーカーは集まった多くの人たちに、「あなたたちもライトワーカーなのですよ」と伝え、それぞれが担っているはずの光の仕事を思い出させます。

3.ライトワーカーの職業

ライトワーカーとしての職業はボランティア活動だけではありません。広範囲に、そして多岐に渡っています。その職業について、いくつかご紹介いたします。

  • 作家、ライター、脚本家など、文字を扱う職業
  • 作曲家、音楽家、ミュージシャンなど、音をツールに表現する職業
  • 俳優、芸人など、自分自身を媒体として表現する職業
  • デザイナー、画家など、アートとして表現する職業
  • 看護師、介護士など、奉仕活動を行なう職業
  • 警察官、消防士など、治安を守る職業

 

これらはすべてライトワーカーとして自分の使命を果たす為に選ばれる職業になります。

ライトワーカーの恋愛観

ライトワーカーの恋愛観は、他の人たちと比べると少し異なります。それは、『光の仕事』という使命があるからです。

ここではライトワーカーの恋愛観について、結婚やツインレイなどに焦点を当てて、ご紹介して参ります。

1.ライトワーカーの恋愛観

ライトワーカーの恋愛観は、「戦友」に近いものになります。通常の恋愛のように好きや嫌いといった感情ではなく、「光の存在としての使命を担っていく為の戦友」という感覚が大変強くなります。これは言い換えるなら、この地球上で、ライトワーカーとしての使命を果たすのは、それだけ困難を極める、という事です。

一人一人が抱える負担は大変大きく、また範囲も大変広くなります。ですが、ライトワーカー同士が寄り添えば、互いの光は個人としての光の何倍もの強さになります。その何倍もの強さの光で、地球上に存在する暗い部分を浄化しているのです。

2.ライトワーカーの恋愛対象はツインレイ

ライトワーカーの恋愛対象となるのは、ツインレイが多くなります。ツインレイとは、同じ魂を持つ存在です。ただ、対等な立場というよりは、片方が教師で片方が生徒、という間柄になります。ライトワーカーとして経験豊富な人が、経験がまだ浅い人と一緒になって役割を担い、同時に新人教育も行なっているのです。

ツインレイの関係は多くの場合、年齢に大きな差が生まれます。これも教師と生徒、という間柄が影響しているからです。ただし、実年齢が上だからと言って、その人が教師の役割であるとは限りません。精神面での年齢で教師と生徒が決まる為、実年齢が低い人の方が教師の役割を担っている場合も、多く見られます。

3.ライトワーカーの結婚

ライトワーカー同士はあまり結婚することがありません。それは、ライトワーカーは新しいライトワーカーを育てていく、という役目も担っているからです。ライトワーカーとして目覚めていない人や、目覚めたばかりの人と結婚することはあります。ですが、ライトワーカーとして経験豊富な人同士が結婚することはほとんどありません。

ただ、ライトワーカーとしての経験が豊富な人同士が結婚する場合も、確率としては低いですが、あります。それは地球での役割を終えることが決まっている人たちです。最後の役割として、強い光を二人で放ち、地球の隅々までその光で照らしだすことが、最後の役割になります。

ライトワーカーとして目覚めるには

地球に存在している人たちは、すべてライトワーカーです。ただ、ライトワーカーとしての役目や使命を思い出せない人は、大変多くいます。

これからライトワーカーとして目覚めるきっかけとなる診断をご紹介いたします。

ライトワーカー診断テスト

  1. 文字を書くことが好き
  2. ブログを立ち上げている
  3. ボランティア活動が好き
  4. ライトワーカーが選ぶ職業にすでに従事している
  5. 本を読むことが好き
  6. 『恋人』よりも『パートナー』や『仲間』が欲しい

以上がライトワーカーの診断テストになります。どれか一つでも当てはまるものがあれば、あなたはすでにライトワーカーとして目覚めています。

また、どれも当てはならないという人は、自分の好きなことに夢中になりましょう。ライトワーカーは自分自身を輝かせることが第一歩です。その為には、好きなことをして、「楽しい」という感情で自分自身を満たすことが大切です。

【まとめ】ライトワーカーの根底にある感情は『楽しさ』

ライトワーカーについて、ご紹介して参りました。地球上に存在するすべての人たちは、ライトワーカーなのです。

  • ライトワーカーとは、『光の仕事』を担っている人
  • ライトワーカーの使命は、自分自身を輝かせることから始まる
  • ライトワーカーの恋愛観は、『パートナー』や『仲間』としての意識が強い

もしあなたが毎日を明朗快活に生きている、と胸を張って言えるのなら、あなたはすでにライトワーカーとして目覚め、自分の使命を果たしながら生きています。大切なのはあなたの『楽しい』と思う気持ちです。あなたの心を楽しさで満たし、あなた自身を輝かせましょう。