スピリチュアル

スピリチュアルでよく聞く高次元とは

スピリチュアルの世界でよく耳にする『高次元』という言葉。文字だけで見ると「高い次元」と捉えることができます。それでは「高い次元」とはどういう意味なのでしょうか?

これから高次元について詳しくご紹介して参ります。

高次元とは?

そもそも、『高次元』とはどういう意味があるのでしょうか?高次元をご説明していく上で、最も大切な部分でもあります。

これからその『高次元』の意味について、ご紹介して参ります。

1.高次元とは「神様が存在する場所」

高次元とは、神様が存在する場所のことです。スピリチュアルでは、場所がいくつかに別れていると考えられています。

一つ目は虫や植物の意識の世界です。虫や植物にももちろん意識があり、独自の方法で意思の疎通を行なっています。二つ目は、獣や魚などの世界です。そして三つめが私たち人間の世界になります。更に私たち人間が肉体から離れて魂となった世界が存在します。その上に天使やアセンデッドマスター、妖精や精霊が存在する世界があります。

神様が存在する場所は、天使やアセンデッドマスター、妖精や精霊が存在する世界です。神様は天使やアセンデッドマスター、妖精や精霊のトップに君臨されています。この世界は波動と呼ばれるものが大変高いことから、「高次元」と呼ばれています。

2.高次元は宇宙と同じ

高次元は宇宙と同じ、という考え方があります。これは宇宙の無限さや壮大さが、高次元と同じだからです。宇宙はどこまでも広く、無限に続いています。そして、時間の流れも私たち人間の時間の流れとは比べ物にならないくらい壮大、ゆっくりしています。

高次元も宇宙と同じです。その世界はどこまでも果てしなく続いています。また、「時間」という概念がありません。無限に広がり、永久に存在する場所と考えるなら、高次元は宇宙と同じである、という考えが成り立つのです。

3.人間は高次元を目指している

私たち人間は、もともと高次元に存在していました。ですが、それをあえて次元を下げ、地球という場所へやってきました。それは、次元を下げることで、高次元を目指す、という目標を作る為でした。

私たち人間は、地球上で生きていく中で、多くのことを経験し、学んでいきます。それらはすべて自身の魂を成長させ、故郷である高次元へ戻る為の手段なのです。魂は成長するにつれて、上へ上へと昇っていきます。それは、故郷である高次元へ戻ろうとしているのです。

高次元と繋がるには

私たち人間は高次元と繋がることができます。高次元と繋がると、これまで経験したことのないようなことが起こったり、感じたりすることができます。

これから高次元と繋がる方法について、ご紹介して参ります。

1.瞑想をする

高次元と繋がる方法の中でも、最も良い方法は瞑想をすることです。高次元と繋がることができている人は、日常生活の中で、瞑想をする時間を設けています。

多くの人は「高次元と繋がる為の瞑想」と聞くと、天使様の名前を瞑想中に呼んで繋がろうとします。確かにそのような方法で高次の存在と繋がることができる人もいます。ですが、それは上級者の方法です。

最初は自分自身と繋がる為の瞑想を行ないましょう。何故なら、あなた自身も元々は高次の存在だからです。他の高次の存在と繋がるには、あなた自身の本来の姿を介する必要があります。その為にも、自分の中に存在する本来の姿と繋がることが大切なのです。

瞑想の方法

ここで最も簡単な瞑想の方法をご紹介いたします。

  1. 部屋を暗くします
  2. 目を閉じて、自分の呼吸に意識を集中させましょう
  3. まず深く息を吐きます。
  4. 次にゆっくり7つ数えながら息を吸い、3つ数えて息を止め、6つ数えながら息を吐きます
  5. 「7・3・6」の深呼吸方法を10回繰り返します
  6. やがて頭や心の中に、様々な記憶や感情が流れていきます
  7. 傍観者になって眺めてください

出来れば毎日10~15分、瞑想の時間を作って続けましょう。3か月も続けると、効果が表れてきます。

2.自分に素直になる

高次の存在と繋がる方法の2つ目は、自分に素直になるという方法です。

多くの人たちは、周囲の人たちに合わせないといけないから、または嫌われたら嫌だから、という理由で、自分を偽ってしまいます。自分を偽ることは、自分自身を否定することになります。もともと高次元の存在だった自分自身を否定してしまうという事は、他の高次元の存在と繋がる事も拒否しています。これでは、高次元と繋がることはできません。

高次元と繋がりたいと思うのなら、自分自身に素直になりましょう。自分自身の素直な気持ちを受け入れる努力をしましょう。自分自身の素直な気持ちを受け入れることで、高次元の自分と繋がり、それは高次元の存在との繋がる事にもなります

高次元の存在になるには

高次元の存在になると、他の高次元の存在を可視化できます。他の高次元の存在と同じレベルまで自分が上がるからです。

あなた自身が高次元の存在になる方法について、ご紹介して参ります。

1.意識を高く保つ

高次元の存在になる方法の1つ目は、意識を高く保つ、という方法です。意識を高く保つとは具体的にはどういうことなのかを、リストにしてご紹介いたします。

  • 人の悪口を言わない
  • 他人を否定しない
  • 謙虚な心を持つ
  • 自分に無理をさせない

以上になります。「人の悪口を言わない」や「他人を否定しない」は、言い換えるなら、他の人たちの良いところを見るようにする、という事です。すべての人は、すべての瞬間で全力を尽くしています。その努力を見るような意識を持ちましょう。

また「謙虚な心を持つ」や「自分に無理をさせない」は、あなた自身のことです。特に自分に無理をさせると心にゆとりがなくなります。すると、傲慢になったり、周囲の人たちへの態度が悪くなったりします。心にゆとりを作り、謙虚な心を保ち続けましょう

2.綺麗な言葉を使う

高次の存在になる方法の2つ目は、綺麗な言葉を使う、という方法です。高次の存在は美しい言葉や綺麗な言葉をたくさん知っています。そしてそのような言葉だけを意識して使っています。

言葉には「言霊」という魂が宿っています。綺麗な言葉や美しい言葉には、美しい魂が宿っています。美しい魂はエネルギーの波動が大変高く、高次の存在と同じ波動のエネルギーを宿しています。綺麗な言葉や美しい言葉を使うことで、自分自身の魂のレベルを引き上げることができます。

綺麗な言葉や美しい言葉をたくさん知っておきましょう。そのような言葉が使われている本を読むようにすると良いでしょう。読書は意識レベルも上げてくれます。綺麗な言葉や美しい言葉のストックが増えると同時に、魂のレベルも上がるので一石二鳥です。

3.自分が高次元の存在であることを思い出す

高次元の存在になる為の方法の3つ目は、自分はもともと高次元の存在であったことを思い出す、という方法です。あなたはもともと高次元の存在でした。今のあなたは高次元の存在であったことを忘れているだけです。忘れているなら、思い出せば良いのです。

自分が高次元の存在であったなら、どうしただろう、という事を常に意識してください。「私が天使様だったら、どんな行動を取るだろう」と考えましょう。そして、あなたの心に浮かんだ答えに従った行動を取り続けましょう。

【まとめ】あなた自身ももとは高次元の存在

高次元についてご紹介して参りました。高次元について興味を持つと、あなたは今の次元から高次元へと近づきます。

  • 高次元とは、神様が存在する場所
  • 高次元と繋がるには、自分自身と繋がる事が大切
  • 高次元の存在になる為は、自分が高次元の存在であったことを思い出す

あなたはもともと高次元の存在でした。それを忘れているだけなのです。あなたの中には高次元の存在だった頃の記憶が残っています。思い出す努力をしましょう。その努力が記憶の蓋を開いてくれるでしょう。